子供に楽しく英会話の勉強させるためのグッズ

楽しく学べる子供の英会話グッズ

グローバル化に向けての英語教育

2020年に実施される『英語教育改革』に向けて、出来るだけ早く英語に慣れさせたいですね。子供に学習させるために大事なことは何でしょう。子供の集中力は長続きしません。しかしながら、好きなことや興味を持ったことへの集中力は、時として大人をもしのぎます。子供が興味を持ち、楽しいと思える学習が理想的です。

おすすめ英会話教材

最近は子供向けの英会話スクールも多数あり、市販されている教材も膨大です。価格もピンからキリまであり、内容もCDやDVD、タッチペンを使用するもの、連携アプリがあるものや、様々な月額サービスがあるものなどまで、選ぶのも大変ですね。そこで、人気のあるおすすめ教材をいくつかご紹介します。

AI(人工知能)搭載ロボットも!英会話グッズ選び方のまとめ

最近は、AI機器が日常の生活に浸透してきていますね。英会話グッズにもAIを利用した学習機が出てきています。家の中でいつでも身近に、正しい発音で受け答えしてくれるので英会話に慣れ親しむ手助けになりそうです。子供もまた、こうした機器に興味を持つ子が多いので楽しく学習できるのではないでしょうか。

子供の英語学習の効果的な方法

2020年の東京五輪開催を見据え、文科省は平成26年に「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を設置しました。また長期的に見ると、現在の児童が大人になり、社会で活躍するころには、ますますグローバル化が進んでいるでしょう。日本でも、外国語を用いたコミュニケーションが社会のいろいろな場面で増えることが予想されるからです。
それに伴い、小学校・中学校・高等学校が連携し、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を身につけられるよう、教育の指標が大きく変わってきます。現在、小学校5~6年でやっているような外国語活動、英語の音声に慣れながら、コミュニケーションするといった内容が、小学校3~4年生に前倒しされ、現在、中学校でやっているような読む・書くを入れた学習は5~6年生から始まり、教科として通知表にも入ってきます。中学校ではもう、英語を使って、自分の考えや身近な話題について表現したり、情報交換ができるレベルまで引き上げていきます。
今の大人たちの中には、英語に対して苦手意識がある人も多いとおもいます。だからこそ、こういった情報に先立ち、英会話スクールや英語塾に幼年のころから通わせる親も増えています。しかし英語を習得するには3000時間が必要と言われています。単純計算では学校とスクールで週2回ずつ英語を学習したとして、15年間も必要となってしまいます。なので、やはり自宅での学習が大切になってくるのです。自宅で子供が英語を学習するためには、どうすればいいでしょうか。

TOPへ戻る